8月22日(日)日曜遺跡散歩(バスハイク)

 史跡として国指定史跡安徳台遺跡と安徳大塚古墳、それと日本遺産指定の裂田溝(さくたのうなで)、そして市指定の丸の口古墳を訪れます。
安徳台遺跡はわが国有数の弥生時代の遺跡で、小高い10万平方メートルの台地に所在します。詳しくは述べられていない邪馬台国と連合する三十国の一つに加えていいかもしれません。
 裂田溝は『日本書紀』記載の人工の農業用水路です。神功皇后伝承の遺跡です。
 安徳大塚古墳は古墳時代前期(四世紀代)の前方後円墳です。壇の浦の合戦で入水した安徳天皇との伝承が地元で伝えられています。
 丸の口古墳は装飾古墳です。筑前地域には装飾古墳は希少なところから大変貴重です。あと時間的余裕があれば、太宰府へのみち「さいふまいりの道」、大横綱双葉山を69連勝に導いた妙正尼の墓を訪れたいと思います。講師は折尾 學先生です。

【コース】天神 = 丸の口古墳 = 安徳台遺跡 = 裂田溝 = 安徳大塚古墳 = さいふまいりのみち = 妙正尼の墓 = 天神

●期日 8月22日(日)
●集合 8時30分 天神日銀横
●会費 5,000円
●定員 15名(新型コロナ感染防止のため)
【申込・お問い合せ】
8月13日(金) までに事務局へ

一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-2

rekishi_001