1月10日(水)旧門司港駅と世界遺産(八幡製鉄所、遠賀川ポンプ場)を巡る(バスハイク)

幕末から明治時代にかけて日本の近代化に貢献した産業遺産群、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が、平成27年7月に世界遺産に登録された。
この中に北九州市の官営八幡製鐵所旧本事務所等3件、中間市にある遠賀川水源地ポンプ室が含まれている。
また、門司港駅は国指定の重要文化財で、現在保存修理工事が行われている。この駅舎の修復の状況や駅舎工事の作業状況が見学者用デッキから見学できる。
今回は、これらの施設を順次見学しましょう。

【コース】 天神 =(高速) = 北九州市 = 八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース = 旧門司港駅 = 遠賀川水源地ポンプ場 = (高速)= 天神

●期日 1月10日(水)
●集合 8時30分 天神日銀前
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-781-7802
〒810-1001福岡市中央区天神1-15-30福岡市赤煉瓦文化館内
メール  info@rekishi-shizen.com

rekishi_001