4月6日(金)神功皇后の足跡をたどる 第12回 武雄・唐津 武内宿禰の里と豊姫、壱岐真根子の終焉地 磐井の砦を訪ねる(バスハイク)

神功皇后は田油津姫を討伐したのち、佐賀の杵島郡大町町に渡りました。そこの湊は大鷹小鷹に占拠されていたため、武内宿禰らが戦って奪還します。その陣営地や勝利を報告した福母八幡神社を訪れましょう。
そこから武雄市に行って、武内宿禰とその父・武雄心を祀る武雄神社、武雄の大楠、神功皇后の船が山になったという御船山楽園の桜を鑑賞しましょう。
磐井の砦があった磐井八幡宮、武内宿禰の母を祀る黒尾神社、武内宿禰の妻の豊姫(神功皇后の妹)が亡くなった淀姫神社、さらには、武内宿禰の身代わりになって死んだ壱岐真根子に関わる伏戸神社を訪問し、最後には唐津に抜けて神功皇后の年魚釣りで有名な玉島神社を訪れます。

【コース】 天神 =(佐賀県杵島郡)福母八幡神社と古八幡・山惣 = (武雄市)武雄神社(武雄の大楠) = 御船山楽園(鍋島家別邸) = 武雄図書館・歴史資料館 = 黒尾神社 = 淀姫神社(がばいばあちゃんのロケ地) = 川古の大楠と伏戸神社 =(唐津市)玉島神社 = 天神

●期日 4月6日(金)
●集合 8時30分 天神日銀前
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
3月30日(金)までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-781-7802
〒810-1001福岡市中央区天神1-15-30福岡市赤煉瓦文化館内
メール  info@rekishi-shizen.com

rekishi_001