6月27日(木)飯塚・嘉麻 母里太兵衛の内野宿と沖出古墳(バスハイク)

 長崎街道の内野宿は黒田家臣・母里太兵衛が建設に当たった宿場で、邪馬台国論争に出てくる単里が使われていました。そこから北上すると王塚装飾古墳に出ます。嘉麻市の稲築八幡宮は神功皇后を迎えた所で、すぐ南に沖出古墳があります。鮭神社はサケが遡上していた所で、馬見神社の馬見は神武天皇ゆかりの地名です。益富城は秀吉の秋月攻めの時の一夜城で知られ、秋月種実、後藤又兵衛、母里太兵衛などが城主となりました。今回は筑豊の史跡を巡りましょう。ご案内は綾杉るな先生です。

【コース】 天神 =(飯塚市)内野宿 = (桂川町)王塚古墳 = (嘉麻市)稲築八幡宮 = 沖出古墳 = 鮭神社 = 馬見神社 = 益富城跡 = 天神

●期日 6月27日(木)
●集合 8時30分 天神日銀横
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
6月21日(金)までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-2

rekishi_001