2月16日(日)日曜遺跡散歩『伊都国歴史博物館』で学んだ遺跡を現地に訪ねる(バスハイク)

 志登支石墓群は「倭国」の倭人が、直埋葬から遺体を丁重に守るための施設を始めて、半島から学びます。それが支石墓です。西北九州に分布しています。
 三雲・井原遺跡、平原遺跡は推定『伊都国』の王墓とされ、その中で平原遺跡は『邪馬台国』の『卑弥呼』の墓とする人もいます。
 雷山神籠石は古代朝鮮式山城です。怡土城跡は古代朝鮮式山城の総決算で、吉備真備の設計・施工といわれます。

【コース】天神 = (糸島市)志登支石墓群 = 三雲・井原遺跡、平原遺跡 = 雷山神籠石 = 怡土城跡 = 天神

●期日 2月16日(日)
●集合 8時30分 天神日銀横
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
2月7日(金)までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-2

rekishi_001