歴史と自然をまもる会トップ

歴史と自然をまもる会

事務局移転のお知らせ

2018年5月より事務局を移転いたしました。
講座、探訪のお申込みなど、ご連絡の際はご注意ください。
<新住所>〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-202号

歴史と自然をまもる会とは
歴史と自然をまもる会とは

歴史と自然をまもる会は、昭和41年(1966)に設立し、本年で50周年を迎えました。福岡県内における歴史と自然に関する研究を行い、広く県民の間に、その保存と活用奨励し、歴史と自然を愛護する精神を涵養させ、もって文化の振興に寄与するため設立されました。

活動目的として、
1.歴史と自然に関する調査研究。
1.歴史と自然に関する啓発宣伝。
1.機関誌の発行。
を主な活動として下記の内容の活動をおこなっております。

歴史と自然をまもる会活動内容歴史と自然をまもる会活動内容

  • 会のバスや公共交通機関を利用して福岡、九州各地の史跡を探訪致します。探訪には専門の先生が同行しわかりやすく説明をしていただけます。

  • 当会では、郷土の人々を対象に「郷土の歴史講座」を開催しております。多くの皆様のご参加を御待ちしております。

  • 会の機関誌「ふるさとの自然と歴史」を年6回発行しております。郷土福岡などの歴史や自然について、それぞれ専門の先生が執筆していただいています。

探訪と講座のご案内探訪と講座のご案内

探訪のご案内

探訪のご案内

5月16日(木)求菩提山と上毛町の史跡を訪ねて(バスハイク)

求菩提山は副お悪見と大分県境に位置し、標高782mの山です。この求菩提山は古くから修験道の山として知られ、神が>>続きを読む

探訪のご案内

6月27日(木)飯塚・嘉麻 母里太兵衛の内野宿と沖出古墳(バスハイク)

 長崎街道の内野宿は黒田家臣・母里太兵衛が建設に当たった宿場で、邪馬台国論争に出てくる単里が使われていました。>>続きを読む

探訪のご案内

6月13日(木)鵜殿石仏と見帰りの滝(バスハイク)

 旧相知町(現唐津市)は、松浦川右岸の丘陵地、平安時代初期の大同元年(806)、唐から帰国の弘法大師(空海)が>>続きを読む

探訪のご案内

5月30日(木)鳥栖・みやき・吉野ケ里 肥前風土記の旅(バスハイク)

佐賀県には肥前風土記の伝承地が多く残されています。景行天皇の鎧を祀った永世神社、推古期に忍海漢人が武器を作るた>>続きを読む

講座のご案内

講座のご案内

5月28日(火) 弥生時代の青銅器

●講座名:弥生時代の青銅器●講師: 後藤 直 氏(元福岡市文化財部長) ●日時:5月28日(火) ●開講時間午>>続きを読む

講座のご案内

5月14日(火)激動の昭和史

●講座名:激動の昭和史●講師:空閑 龍二 氏(郷土史研究家・本会理事)●日時:5月14日(火) ●開講時間午前>>続きを読む

rekishi_001

マイクロバスの貸し出し歴史と自然をまもる会マイクロバスの貸し出し

マイクロバスイメージ

会のマイクロバス(28人乗り)を会員の探訪などの為に貸し出しています。貸出にはお申し込みが必要となります。下記のリンクをクリックすると申込書がコピーできますので、必要内容を記載の上、FAXかメール、または事務所へご持参ください。

お申し込み用紙のダウンロードはコチラから⇒DOWNROAD

歴史と自然をまもる会の運営と会員募集歴史と自然をまもる会会員募集

この会は、一般社団法人という公益法人で、個人あるいは企業の会費と福岡県、福岡市の補助金などで賄われています。もし興味がありましたらお電話・FAXをいただくか、当会事務所をお尋ねください。

歴史と自然をまもる会お問い合せ

一般社団法人 歴史と自然をまもる会

〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-202号

TEL&FAX 092-408-7140*お問い合わせは平日(火〜金曜日の10時から16時)にお願い致します。

HOMEに戻る