歴史と自然をまもる会トップ

歴史と自然をまもる会

歴史と自然をまもる会とは
歴史と自然をまもる会とは

歴史と自然をまもる会は、昭和41年(1966)に設立し、本年で50周年を迎えました。福岡県内における歴史と自然に関する研究を行い、広く県民の間に、その保存と活用奨励し、歴史と自然を愛護する精神を涵養させ、もって文化の振興に寄与するため設立されました。

活動目的として、
1.歴史と自然に関する調査研究。
1.歴史と自然に関する啓発宣伝。
1.機関誌の発行。
を主な活動として下記の内容の活動をおこなっております。

歴史と自然をまもる会活動内容歴史と自然をまもる会活動内容

  • 会のバスや公共交通機関を利用して福岡、九州各地の史跡を探訪致します。探訪には専門の先生が同行しわかりやすく説明をしていただけます。

  • 当会では、郷土の人々を対象に「郷土の歴史講座」を開催しております。多くの皆様のご参加を御待ちしております。

  • 会の機関誌「ふるさとの自然と歴史」を年6回発行しております。郷土福岡などの歴史や自然について、それぞれ専門の先生が執筆していただいています。

探訪と講座のご案内探訪と講座のご案内

探訪のご案内

探訪のご案内

6月14日(木) 神功皇后の足跡をたどる 第14回 福岡市・那珂川町・住吉の里(バスハイク)

住吉神が仲哀天皇に「天皇の船と神田」を求めたために、天皇が怒ったという話が『日本書紀』に書かれています。神功皇>>続きを読む

探訪のご案内

【1泊2日】6月2・3日 明治維新150年「西郷どん」ゆかりの地を訪ねる(バスハイク)

幕末、筑前版第11代藩主黒田長溥公は、薩摩藩第11代藩主島津斉彬公の大叔父にあたり、両藩主とも海外の文化に興味>>続きを読む

探訪のご案内

5月30日(水) 高瀬裏川(熊本)のショウブと鞠智城など山鹿の史跡を巡る(バスハイク)

菊池川に繋がる裏川には、石垣や船着場など商家町、港町として繁栄した高瀬の歴史的遺産が数多く残っている。この裏川>>続きを読む

探訪のご案内

5月18日(金) 神功皇后の足跡をたどる 第13回 福津市・福岡市安曇の里(バスハイク)

神功皇后の乗る船の船長は安曇磯良でした。皇后は渡海の前に安曇族の宮地嶽神社、楯崎神社に出掛けて戦勝を祈ります。>>続きを読む

探訪のご案内

4月27日(金) パラボラアンテナと仁保の藤(バスハイク)

山口市仁保に、通信会社の施設であるパラボラ館があり、そこには直径32メートルという国内最大の大きさを誇るものを>>続きを読む

講座のご案内

講座のご案内

5月22日(火)終戦秘話について

●講座名:終戦秘話について ●講師:空閑 龍二 氏(郷土史研究家、本会理事) ●日時:平成30年5月22日(火>>続きを読む

講座のご案内

5月15日(火)立花宗茂と誾千代

●講座名:立花宗茂と誾千代 ●講師:今長谷 照子 氏(前篠栗町立図書館副館長) ●日時:平成30年5月15日(>>続きを読む

講座のご案内

5月8日(火)筑紫君磐井の乱 ―古代最大の覇権戦争の真実とは?―

●講座名:筑紫君磐井の乱 ―古代最大の覇権戦争の真実とは?― ●講師:榊原 英夫 氏(前伊都国歴史博物館長) >>続きを読む

rekishi_001

マイクロバスの貸し出し歴史と自然をまもる会マイクロバスの貸し出し

マイクロバスイメージ

会のマイクロバス(28人乗り)を会員の探訪などの為に貸し出しています。貸出にはお申し込みが必要となります。下記のリンクをクリックすると申込書がコピーできますので、必要内容を記載の上、FAXかメール、または事務所へご持参ください。

お申し込み用紙のダウンロードはコチラから⇒DOWNROAD

歴史と自然をまもる会の運営と会員募集歴史と自然をまもる会会員募集

この会は、一般社団法人という公益法人で、個人あるいは企業の会費と福岡県、福岡市の補助金などで賄われています。もし興味がありましたらお電話・FAXをいただくか、当会事務所をお尋ねください。

歴史と自然をまもる会お問い合せ

一般社団法人 歴史と自然をまもる会

〒810-0001福岡県福岡市中央区天神1丁目15号30番 福岡市赤煉瓦文化館内

TEL&FAX 092-408-7140*お問い合わせは平日(火〜金曜日の10時から16時)にお願い致します。

HOMEに戻る