12月6日(木) 神功皇后の足跡を辿る第18回 小倉・門司・彦島 筑紫との別れ(バスハイク)

神功皇后が帰還船を付けた到津八幡神社、皇子を石に立たせて「穴門は近し」と言った篠崎八幡神社、安曇磯良から授かった干珠満珠を二島に納めたという和布刈神社、「皇后は豊浦宮に皇居を定めた」と伝える甲宗八幡宮を訪問します。旅の終わりは対岸の仲哀天皇ゆかりの彦島八幡宮で迎えましょう。最後にプラネタリウムで星の世界を鑑賞します。

【コース】 天神 = (高速) = (小倉北区)篠崎八幡神社 = 到津八幡神社 = (門司区)甲宗八幡宮和布刈神社(下関)彦島八幡神社 = (宗像)ユリックス・プラネタリウム = (高速) = 天神

●期日 12月6日(木)
●集合 8時30分 天神日銀横
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
11月30日(金)までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-202号
メール  info@rekishi-shizen.com

rekishi_001