2月8日(金) 八幡製鉄所、改装された門司港駅等を巡る(バスハイク)

明治34年の官営製鉄所操業開始以来、優れた鉄鋼製品群を数多く誕生させ、日本の製造業を支えて来た。平成24年4月には旧小倉製鉄所と統合し、新生「八幡製鉄所」として新たな出発をした。
今回の見学では、鉄鉱石を溶かして鉄を造る高炉工場と、真っ赤な鉄の塊が圧延機を通過する毎に薄く引き延ばされる様子が見学できる。
その後は、大正3年(1914)建築され、駅舎の一部が復元された門司港駅を見学し、門司港レトロの古い建築物を巡ってみましょう。

【コース】 天神 = (戸畑区)八幡製鉄所 = (門司区)門司港駅 = 門司港レトロ地区・旧門司三井倶楽部・旧大阪商船・旧門司税関等 = 天神

●期日 2月8日(金)
●集合 8時30分 天神日銀横
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
2月1日(金)までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-202号
メール  info@rekishi-shizen.com

rekishi_001