8月4日(日)阿蘇・中江岩戸神楽とヒゴタイ公園等を訪ねる(バスハイク)

岩戸神楽は、今から約270年前の江戸期・明和時代に始まったとされ、「岩戸神楽」の名の通り、日本神話「天の岩戸」の神事をモチーフにしている。かつて宮中で演じられてきた宮神楽、それに対し民間で演じられてきた里神楽、それらと宮中雅楽や久米舞などさまざまな舞楽を織りまぜて演じられる。「五方礼始」に始まり「大神」で終わる三十三座を一つの芸能として構成されている。

ヒゴタイ公園…ヒゴタイはあざみのような丸い形状の花で、菊科でヒゴタイ属の多年草である。この花は8~9月に開花し、見頃を迎える。またこの公園には同じ時期にカワラナデシコやオミナエシなど様々な花が咲き誇る。

【コース】天神 =(高速) = 阿蘇・中江神楽殿 = ヒゴタイ公園 = (高速) = 天神

●期日 8月4日(日)
●集合 8時30分 天神日銀横
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
7月26日(金)までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-2

rekishi_001