11月29日(金)太宰府・基山 大伴旅人ゆかりの地を巡る(バスハイク)

 大伴旅人は大宰帥となって筑紫に赴任しました。大宰府政庁跡の横に大宰府展示館があり、令和の典拠となった「梅花の宴」のジオラマが展示されています。その近くの坂本八幡宮は旅人邸の候補地の一つです。観世音寺は旅人との交友が深い満誓沙弥が完成を担った寺で、戒壇院は鑑真が授戒を行った所です。旅人は二日市温泉で亡き妻をしのび、基肆城に弔問の勅使を連れて登りました。帰京する時には水城で児島と歌を交わしています。榎社は菅原道真の配所、客館は外国使節の宿泊所です。
 今回は大伴旅人の歌を読みながらまわりましょう。ご案内は綾杉るな先生です。

【コース】天神 = 大宰府展示館 = 大宰府政庁跡 = 坂本八幡宮 = 観世音寺 = 戒壇院 = 二日市温泉 = 大宰府客館跡 = 榎社 = 水城・水城館 = 天神

●期日 11月29日(金)
●集合 8時 30分  天神日銀横
●会費 4,000円
●昼食 弁当持参又は最寄りの食堂で
●定員 25名
【申込・お問い合せ】
11月22日(金) までに事務局へ
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
〒815-0031 福岡市南区清水1-6-29-2

rekishi_001